ヨクイニンに副作用はあるの?安全性について

ヨクイニンがイボや様々な肌トラブルに効果があり化粧品としてもお茶としても人気のようです。

 

植物なので安全なものかと思いますが、漢方薬局でも処方もされているとか。

 

 

比較的安全とされる漢方ですが、漢方にも副作用があると聞いたことがあります。
ヨクイニンの場合は大丈夫なのでしょうか?

 

ヨクイニンは安全性の高いものなのか、気になる副作用を調べてみました。

 

 

ヨクイニンはハトムギの外皮を除いた種子でそのまま生薬として用いられたりヨクイニン錠剤として加工されたりしています。

 

いずれにしろ植物が原料なので合成成分の薬と比べると断然副作用は少なく、ほとんどの場合が副作用はないに等しいようです。

 

ごく稀に下記のような副作用があるようです。

 

・皮膚のかゆみ
・じんましん、発疹
・胃の不快感
・下痢

 

これらの症状が少数の副作用として確認されています。

 

 

そのほか、副作用について注意をしたい場合が二点あります。

 

一点目は、ヨクイニン湯を飲む場合です。

 

ヨクイニン湯はヨクイニンを主成分とし、他の生薬も配合されています。
他の成分には、甘草(カンゾウ)、芍薬(シャクヤク)、麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、当帰(トウキ)、蒼朮(ソウジュツ)などが配合されています。

 

 

この中で、麻黄には交感神経を刺激する作用があるので心臓病、高血圧症、循環器系疾患で薬を服用中の方は細心の注意が必要です。

 

 

二点目は、イネ科の植物のハトムギからとれるヨクイニンですので、イネ科の植物にアレルギーのある方は医師に相談の上飲むようにしましょう。

 

 

ちなみに、妊婦さんが飲んでも特に副作用を気にする必要はないみたいです。

 

 

ヨクイニンの錠剤は皮膚科でも処方されているほど、イボや美容効果の高いものです。
安全性が高いのでこういった処方もあるようなので、副作用の心配はまずいらないと思ってもいいと思います。

 

 

ヨクイニン錠剤はドラッグストアでも手軽に手に入ります。
副作用が気になる方は成分が本当にヨクイニンだけか?他に副作用を起こす成分はないっていないか?をきちんと成分を見て確認してから購入しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

ヨクイニンの効果はイボだけではありません!
イボに効果のあるとされるヨクイニンですが、ほかにもたくさんの効果があるようです。ヨクイニンの効果をまとめてみました。
ヨクイニンがイボに効くと言われるワケ
古くからイボの除去にと用いられてきたヨクイニンですが、実際のところのイボへの効果はどうなのでしょう?ヨクイニンの肌への作用をまとめてみました。
ニキビ解決を目指すのにも効果的な成分とは?
ヨクイニンはイボにだけでなくニキビの改善にも役に立つようです。ニキビに効果があるのはヨクイニンの成分にあるようです。ニキビの改善を目指すのにぜひお役立てください。
美のカリスマも注目のヨクイニンの美白効果!
様々な効果のあるヨクイニンですが、美白成分として化粧品に配合されることも多いようです。ヨクイニンの美白効果とはいったいどのようなものなのでしょうか?
ハトムギ茶とヨクイニンならどちらが効果的?
ハトムギ茶にもヨクイニンは含まれますが、生薬として摂取する場合とお茶として摂取する場合では違いがあるのでしょうか?また、ハトムギ茶を選ぶ際の注意点などもまとめてみました。